山内特許事務所

(歴史)

山内梅雄は昭和53年(1978年)に弁理士 に合格しました。合格後,菊池特許事務所で株式会社東芝,日本原子力事業株式会社等の企業を主要顧客としソフトウェアや電気通信関係および原子炉関係の特許出願 等を行いました。

1980年9月に独立して山内特許事務所を開設し,日本原子力事業株式会社の仕事を受け継ぐと共に顧客として富士ゼロックス株式会社,日本電気株式会社,株式会社平和等の企業から特許出願等の工業所有権全般の仕事を依頼されました。また,株式会社スクウェア(現在の株式会社スクウェア・エニックス・ホールディングス)の知財部門の立ち上げにも助力しました。発明を趣味としてホームページとして元となる「発明市場」を立ち上げ,商標登録や関連の特許出願もこれに合わせて行いました。

(現在)

65歳になるのを前に大手企業から撤退させて頂き,特許事務所を川崎市麻生区に移しました。これは,以前から趣味だった発明の活用に時間を割り当てるのが大きな目的でした。

川崎市麻生区に事務所を移した後,株式会社知的未来を活用して,中小企業庁の主催する小規模事業者活性化補助金事業に参加しました。これは特許出願中の発明を実施化するためのものでしたが,1年目の開発を終了させた段階で病院に入院する事態が発生しました。

そこで退院後,顧客の皆様にご迷惑をかけることのないように,2014年末で,期限管理を伴う業務(特許出願,中間処理,年金管理等)に関しまして,顧客の皆様との関係を打ち切らせていただきました。長い間,温かく接していただいた顧客の皆様には大変申し訳なく思っております。

弁理士として,また一人の発明家として,発明についてのコンサルタントとしての業務は,健康に支障のない範囲で今後も継続していきますので,よろしくお願いいたします。

このため,1996年6月から2015年10月まで長期間公開していました,特許事務所のホームページを閉じることにしました。

しかしながら,このホームページには,本来の特許事務所とは関係ない記事を多く載せていましたので,これらを当ホームページのコンテンツの欄に部分的に収容しました。大学のクラス会の記事もそのまま残しています。必要により,更新も行う予定です。

*Home に戻る